トラウマからくる”イタズラ好き”の本質

イタズラ,トラウマ

誰もが生きている中で
衝撃的な出来事により
大小関わらずトラウマを
持っているんじゃないかな
と思っています。

こんにちは!

人生のキーワードを引き出し
バーストラウマを癒す

ソウルインタビューアー
はただ るみ です。

====================
オンラインサロンメンバー
ShinyMateさんへ

音声セミナー
生きづらさは何故うまれるのか
配信中です

https://jibunwosiru.com/onlinesalon
====================

“私”をつくっているのもトラウマから
きていることが多いんです。

例えば、イタズラ好きな子ども。

純粋にイタズラが好き…
というわけではなく、その奥に
“トラウマ”を抱えてたりします。

イタズラをして周りがどう反応するのか。

ここに
小さいながらも自我が芽生えた後に
受けたトラウマからの視点で確認を
することがあるんです。

ちゃんと自分を見てくれているのか。

は大前提。
この奥に本当の想いがあります。

念のためにお伝えしますが、
このトラウマは使命でもあるので
お母さんや周りのせいではないですよ〜^^

ここにはポイントがあるため、
セッションでは”奥にある本当の想い”
にスポットを当てたインタビューを
していきます。

インタビューはお子さんに
直接することはありません。

なぜかというと、これって
実は大人になってからも無意識で
確かめたりしてるんですよね。

だから、
お母さんのトラウマを引き出し
その仕組みを実感してもらうことで
お子さんへの理解が深まっていくんです^^

私たちは人生の中で
周りの反応を見ながら

安心をしたり、不安になったり、
喜んだり、悲しんだり、、、

いろんな感情を味わっています。

その中で社会に適応しないと
生きていけないと学び、
どんどん自分のエネルギーから
かけ離れてしまう。

最初はいいんですよね。
適応できちゃうから。

ただ、そこには限界があるんです。

またお話しますね^^

ABOUTこの記事をかいた人

望む人生への変化をお手伝いするカウンセラー。数年前は訳あってOLの年収3倍の借入があり返済に苦しんでいた私が、真剣に自分と向き合ったことで氣づけば投資家の夫と結婚、葉山の高台で暮らし、氣づけばビジネスクラスで旅行。「やりたいことを全部やる!」がモットー。