【GWは逗子海岸映画祭2018!】チケット・アクセス、そして必要なのはコレ!

メリーゴーランド 海岸 夜景
Sponsored link

ツツジの見頃を逃してちょっとスネてる、できるやんちゃ女子 はただ るみです。

もうすぐゴールデンウィークですね♪

この季節になると逗子海岸は映画祭のための設置が始まり、賑やかになってきます。

え? 海岸で映画祭??

そうなんです! 海岸にドドーーンとそびえる大スクリーンが織りなす数々の映画。

潮風のなか映画をあじわうだけでなく、クリエイターたちが手作りでつくりあげる会場はフォトジェニックな空間が広がります。

映画祭の魅力と、そんな映画祭にはコレ!な必需品を昨年行った情報をもとにたっぷりとお伝えしまーす。

Sponsored link

逗子海岸映画祭とは

2009年から始まった逗子海岸映画祭。

国内外の映画を屋外、しかも波音の聞こえる海岸で映画鑑賞しようよというイベントです。

(え?おおざっぱすぎ?笑)

五感で地球とつながる野外映画祭。

映画だけでなく、そのイベントに関わる人や来場者に時代に流されることのない、しなやかな人間力について考える機会、表現する場所と思っていただきたいとするイベント主催者の思いを形にした素敵なイベントです♡

映画は毎日違う作品が上映されますよ♪

▼逗子海岸映画祭2018 スクリーンの大迫力!

遠方からも便利なアクセス

JR東京・新宿から横須賀線・湘南新宿ラインなどで乗り換えなしの約1時間。
小田原方面からは大船駅で横須賀線に乗り換え、約10分。京急の終点でもある新逗子駅もあるよ。

JR横須賀線逗子駅から徒歩15分、京急新逗子駅から徒歩10分にある逗子海岸。

駅から海岸までは銀座商店街で食べ歩きできるものがたくさん♪ 楽しみながら歩けちゃいますよ。

▼JR逗子駅・京急新逗子駅から会場までのマップ

そしてなんと!
今年は新宿からツアーバスが出ているとの情報が!

5月3日〜5日はまだ予約可能です。

▼バスツアー詳細はこちらから

▼海岸周辺の駐車場はこちら

ただしGW中は江ノ島・鎌倉方面から逗子インターへ向かう車も多く、海岸周辺の駐車場はGW〜シーズンが始まり、高くなります。土日祝は最大料金がない場合が多いので、公共交通機関がやはり便利です。(そのほうが飲めちゃいますしね。ぐふ♡)

入場前のお楽しみはコレ♪

映画上映は19時。ですが、それに合わせて会場にくるのはすごーーーくモッタイナイ!

入場前にはまず海を楽しんじゃいましょ♪

パラソル 海沿い マンション

お天氣がいいとGWでも賑わいます♪

早めについて海を眺めながらランチをするのもアリ♪

カンティーナ イタリアン ダイニングセット

GWは予約必至の人氣レストランCANTINA

逗子海岸沿いの国道にはレストランがたくさんありますよ♪

そしていよいよ入場!

Sponsored link

上映開始時間より余裕を持ってきてね♪

くぅぅぅぅ〜♪ キタキタ〜♪

看板 ライト 木製

2017年の看板です。

このようにその日におこなう映画の紹介看板が会場前に。ワクワクするぅ〜♡

チケット ブース 電飾

チケットブースでチケットを購入!

チケットは入り口で買うことができます。当日券1500円のみ。

そして逗子市民の方は身分証明提示でなんと500円で入場できます!

会場はさすがクリエイターの方々がつくりあげた空間!
独特の空氣で包んでくれます♪

お楽しみはまだまだ盛りだくさん!
ワークショップに参加したり、ラジオブースから流れる音楽を楽しんだり、

ラジオブース ゲスト テント

ゲストも来るので要チェック!

お子さまづれの方は、1回300円、一日乗り放題500円のメリーゴーランドで楽しんだり、

メリーゴーランド 海岸 夜景

夜は幻想的☆

と、盛りだくさん!

そして外せないのが、夕暮れの海岸を眺めたり

空 山 月

空のコントラストがたまりません!

そしてもっと外せないのが、

BAR ビール カクテル

BAR!

BARで楽しむひととき。笑

テント 画面 スクリーン

楽しそうな声が響きます♪

出店しているのは地元のお店。そのお店ならではのメニューがお店ごとに楽しめちゃいますよ♪

日によって違う出店やイベント。

なんとハンモックマッサージやアーユルヴェーダ、予約制レストランまで出現!

▼お好みのお店を事前にチェックしてみてくださいね♡

いよいよ映画鑑賞へ!

さて、そろそろ席に着きましょうか。

って、

ここ、、、

海岸じゃない。笑

そうです。海岸なんです。

なので、もちろん座席というものはございません!

ビール オレンジ ポテトサラダ

やっぱりビールだよね〜。

お好みの飲み物とつまみを携えて、砂浜にどっしりと構えます。笑

BARの隣に大スクリーン。BARの楽しそうな声を聴きながらの映画鑑賞も自然の雄大さという環境では全く氣になりません。

ですが、映画に集中したい!という方は早めに入り口奥のBARと離れているところを確保しておいたほうがいいかもしれませんね♪

映画鑑賞にはコレが必需品!

GWでも日中は晴れると半袖で歩けちゃう逗子ですが、夜はやはり冷えます。

せっかくの映画鑑賞もブルブル震えたなかではモッタイナイですよね。

そしてココは海岸。風もあります。

なので、ジーンズ×パーカー(ウィンドブレーカー)×ブランケットがあれば完璧!

あったか〜く映画鑑賞ができます♡

そして直に座るのはちょっと…という方はレジャーシートを持って行かれてもいいですね♪

ただし自由席とはいえ、人がたくさん集まるところ。必要以上のシートを広げることは控えたほうが皆んなで氣持ちよく鑑賞できますよ♪

日中から参加するかたはサングラス・帽子・日焼け止めなどもあると快適に過ごせます。

(私はこの季節、いつも唇の日焼け止めを忘れてしっかり日焼けしてしまします。汗;)

ゴールデンウィークは地球と遊ぼう!

いかがでしたか。自然のなかで楽しむエンターテイメント。

私ももちろん、今年も行きます!

みなさんもぜひ大切な家族・人・仲間たち、そして地球と遊ぶ素晴らしいゴールデンウィークを!

はただ るみ
そういう私は昨年一人で行きました!笑
今年は旦那ちゃま、お友達と行けたらいいな〜♪(切望)

逗子海岸映画祭2018

場所:神奈川県逗子市新宿1丁目4
入場料金:1500円(映画鑑賞代含む)
逗子市民の方は身分証明の提示でなんと500円!
平均予算:500〜3000円(飲み物・食事代)
開催日:2018年4月27日(金)〜5月6日(日)
開場:11:00(4/27,5/1,2の平日は15:00開場となります) 11:00~22:00
駐車場:無(近くにコインP有)
公式ページ:

▼湘南情報満載!
[amazonjs asin=”B079MXSS3X” locale=”JP” title=”湘南スタイルmagazine 2018年5月号”]

今日もお読みいただき、ありがとうございました♡

take off me,take off the reason!

やりたいこと全部やっちゃう!

今日も自分らしい一日を♪

Sponsored link